Home 会社案内 経営理念 営業案内 アクセスマップ お問い合わせ リクルート
固有技術
電力系メンテナンス
電力系修理工事
一般土木工事
その他工事
バッテリ再生復活

管路内切削工法(コンパクト型)
この切削器は、地中管路の異常箇所(段差、破損、欠落など)を補修するに加えて、
管路の狭窄箇所を広げて拡大管路径(Φ100→Φ125、Φ125→Φ150)を確保する工法です。
【 前方切削器 】
【 性能・仕様 】
項 目
性能・仕様
 適用管種 AP管, VP管, PFP管, 塩ビ管
 適用管内径 Φ100, Φ125, Φ150, Φ175
 適用管路長 300m以下 (片側150m)
 補修対象 段差, 破損, 突起物, モルタルの体積
 その他(管路条件) * 水場での施工が可能
* 通過点での浸入水に対応可能
* 角折れ管を含む、最小曲率半径6m管路に対応できる。
特長
*
引張り工法(実用新案)のため、切削器は常にカイドローラに向って切 削し
余分な所を削る恐れがない。
*
刃先が切削器の先端にあるので、半閉塞箇所(ロット・ワイヤー通線可 能)の切削ができる。
*
非開削により、管路内面から切削するので施工期間が短く工事費が安価 で
非常に経済的な工法です。
*
浸水のある管路にも適用できます。
トップページに戻る