Home 会社案内 経営理念 営業案内 アクセスマップ お問い合わせ リクルート
固有技術
電力系メンテナンス
電力系修理工事
一般土木工事
その他工事
バッテリ再生復活

人孔金蓋調整工法(LB工法)
【 安全・準備工 】
(1) 現場周辺の安全確保器材の準備。
(2) べースフレームの位置をマーキングする。
(3) 専用工具を用いて金蓋を取り外す。
(4) 遮断プレートを取付け三本のボルトを伸ばす。
※落下の危険※
遮断プレートが作業中に落下しない様、充分に気を付ける。(爪挿入の際、邪魔にならない位置、駆体の垂直な位置に取付ける)
【 ボルト撤去工 】
(1) 受枠の内蓋押さえ金具取付け位置より左右の両側にマーキ ングする。
(2) ナットを外すことができる大きさまでのコアー抜きをする。(Φ50mm× 150L)
(3) ボックスレンチでナットを外す。
(4) 同様に残り3ケ所もコアー抜きし、ナットを外す。
【 金蓋撤去工 】
(1) クレーンでフレームリフトを吊りマーキングに合わせてフ レームリフターを設置する。
(2) フレームリフターを操作し、爪をその位置にあわせる。(目視による)
(3) 既存舗装とべースフレームの間に隙間がある場合はスぺーサを埋める。
(4) 三方シリンダーとつながる油圧ポンプを操作し、爪を三方に拡張し受枠下端を受け る。
(5) 三本の引き上げジャッキを操作し、受枠を引き上げ、同時に舗装をべースフレームの内径で剪断する。
※べースフレーム内の舗装が周囲舗装と縁切れするまで引き上げる。
(6) クレーンで吊り上げた時、人孔内にガラが落下しない様、可能な限りガラを取り除 く。
(7) 受枠ごとフレームリフターをクレーンで吊り移動させる。
【 調整工 】
(1) 開口部の修整(アスファルト破断面の整形)を行う。
ガラ、土砂等の除去、清掃も同時に行う。
(2) 必要に応じて調整リングを設置する。
(3) スパイダーを受枠に取付けて開口部周りの路面にセットする。(これによって路面高 の調整は完了している)
【 型枠工 】
(1) 内型枠のスポンジの柔らかい面を受枠に接する様に取付け る。
(2) 内型枠押さえ金具をボルトにより拡張し、スポンジを圧着させる。
(3) 内型枠の設置が終わったら、内枠の下端と駆体の間に隙間がないか触って確認する。
【 モルタル充填工 】
(1) 20リットル以上のぺール缶に計量した5リットルの水を 入れハンドミキサーで攪拌しながらGMモルタルを投入し、塊ができない様に1.5分充分に混練りする。
(2) 混練りが終わったら即投入を行う。
【 養生・脱型工 】
(1) GMモルタルが硬化し、白っぽくなったらスパイダーを取 り外す。
【 路面復旧工 】
(1) 遮断プレートを取り外し、金蓋を取付けた後、ガムテープでマスキングをする。
表面を清掃後、表層材投入の直前に表層材投入面を水で濡らす。
(2) 20リットル以上のべール缶にMSK乳剤をボトルごとよく振った上で投入し、気温 に応じて水を加える。
(3) マスキングの範囲内で仕上げ、茶色から黒色になるまで養生する。
(4) コテ仕上げ後、MSKが茶色から黒色に変わった時点でマスキングをはがし乾燥した 細砂をまく。
(5) MSKが完全に黒色に、指で押しても乳剤(茶色)がつかず、水だけがつく状態に なったら、器具の片付け周囲の清掃、保安施設の撤去を行い、交通開放する。
トップページに戻る